ベース画像トップ

六曜 Roku-you

日取りを決める上で欠かせない六曜
大安、友引、赤口などの意味
六曜、六輝について、ご説明致します

六曜の見方

六曜(ろくよう)、六輝(ろっき)どちらも同じもので、元々六曜と呼ばれていたものが、 明治頃より六輝と呼ばれるようになりました。
六曜は、旧暦における吉凶占いで、旧暦の1月1日先勝から始まり、 2日友引、3日先負、4日仏滅、5日大安、6日赤口続き、7日で先勝に戻り、月の終わりまで繰り返し続きます。 そして2月1日は友引から始まり、7月で一巡し、先勝からまた始まります。

六曜は縁起担ぎ

陰と陽が混ざり合い、とても深い意味があるように見えますが、日本に入ってきてから改変されたもので、 深い意味はなく、暦占いの一種です。
ですが、明治以降、頻繁に言われ出してからは、吉凶が表されていますので、全く無視すると言う訳には行かなくなり、 現在に至っています。
「当たるも八卦、当たらぬも八卦」とは言いますが、信心深い方にとっては、 「鰯の頭もなんとやら・・」で、気にする方は気にしますし、何か良くないことが起これば、 六曜に従わなかったからとされます。
さして六曜を用いない理由がなければ、用いられたほうが無難です。

日取りについて

六曜表

六曜は、一日単位での吉祥を表すものでなく、基本的に午前と午後で異なります。
ですから、「午前中なら良いが、午後からは行ってはいけない」というように考えます。
詳しくは、下記の六曜表をご参照下さい。

先勝(せんしょう)  午前中は、午後は凶 旧暦1月1日、7月1日

友引(ともびき)  朝は、昼は凶、晩は 旧暦2月1日、8月1日

先負(せんぷ)  午前は凶、午後は 旧暦3月1日、9月1日

仏滅(ぶつめつ)  万事に不吉 旧暦4月1日、10月1日

大安(たいあん)  万事に 旧暦5月1日、11月1日

赤口(しゃっこう)  正午のみ 旧暦6月1日、12月1日

日取りについて
キャラ説明 アドバイス

当人達は気にしなくても、好んで悪いと言われている日に、人生の一大事を行う事もありません。 物は考えようで、良いとされている時に行えば、苦情が出ませんので、 反対に、利用するくらいに考えた方が吉でしょう。
縁起ですから、日が合うなら良い縁起を担いでおいた方が、後々なにかと気分も良いものです。

ドットライン

六曜 roku-you

ベース画像エンド
Copyright © 花嫁のれん HanayomeNoren.net 2012 All Rights Reserved.