ベース画像トップ

日取り Fix a date

慶事を行うに相応しい日
どなたもがご納得される最良の日
日取りについて、ご説明致します

日取りの決め方

結納や、挙式の日取りは、季節、日柄、出席者のスケジュールなどの順で決められます。
季節は、一般的に過ごしやすい季節の土曜日、日曜日、祝日を選び、3月〜5月、9月下旬〜11月をオンシーズン、 反対に夏や冬をオフシーズンと言います。そして基本的にゴールデンウィークのなか日や、 年末年始はどなた様も忙しいので避けます。

スケジュールの調整は、段取りが肝心

出席者のスケジュールを合わせる事は、とても難しく出席者全員のスケジュールが合う事は、まずありません。 その為に、一般的に挙式は、婚約をしてから半年後と言われます。
通常、半年先のスケジュールであれば、忙しい人であっても押さえる事が出来ます。 出席者に予定が入る前に、こちらの予定を入れる事が出来れば、スムーズに進みますし、 出席者もその予定に合わせて、自分のスケジュールが立てられます。

しかし、誰もが半年前に結婚を決められる訳ではありません。その場合は、物事に優先順位を付けて決めていきます。
どうしても出席して欲しい方のスケジュールに合わせて日を決める場合や、人だけに限らず、挙式の会場であったり、 旅行先の関係であったりもします。

六曜について

多くの人が大安吉日を気にする理由

日柄についてですが、大安や仏滅がある「六曜」のことを言います。
六曜には、「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」があり、 その日が良い日か、悪い日かが表されています。
気にしない人が多いのも事実ですが、挙式会場がハイシーズンの日曜日でも、仏滅であれば値段を下げるところを見ると、 案外そうとも言えません。結婚などの慶事であれば、仏滅を外し、葬儀であれば、友引を外すのが一般的な考え方でしょう。 それ以外は、それ程問題視はしませんので、6分の1の確立です。
もし仏滅に重なるようなら、土曜日、日曜日で調整するか、優先順位を先行させましょう。

本人達が、気にする、気にしないに拘わらず、仏滅を避け、出来るなら大安を選びたいものです。 日取りの基本は、出席者が如何にスムーズに参加できるかです。大安であれば、出席者の気分も良く、 「お日柄も良く」となり、「縁起を担いだね」と繋がって、誉め言葉の一つも頂ける事でしょう。

キャラ説明 アドバイス

何事も早い段階で準備しておけば、縁起を利用しながらスムーズに進められます。 当人達の思いも寄らない事が起きたりもしますので、大事には、余裕を持って取り掛かる事をお薦め致します。

ドットライン

日取り fix a date

ベース画像エンド
Copyright © 花嫁のれん HanayomeNoren.net 2012 All Rights Reserved.