ベース画像トップ

新郎の衣装 Bridalgroom Dress

紋付の羽織に、仙台平袴
凛とした表情で現れる、正礼装の新郎
変わりゆく風景と、変わらない礼
日本の伝統的な美しさをそこに感じます

挙式・披露宴での新郎の衣装

新郎新婦の衣装は、婚礼のメインですから、当然、正礼装で同格です。
ですが、自分達の行いたいスタイルもありますので、準礼装にする事もあります。 その場合も、新郎新婦の衣装の格は同格で合わせます。
婚礼では、新婦の衣装が式の華になりますので、「新郎は、新婦が選んだ衣装に合わせて、衣装を選ぶ」と思って下さい。
また、略礼装で行う場合もありますが、招待客には充分な告知を行って下さい。

新郎の正礼装

新郎の正礼装は、黒五つ紋付き羽織袴で、いわゆる黒紋服です。茶色や、緑色などの色紋付きも同格とみなし正礼装ですが、 少し格は落ちます。

新婦の衣装は当然同格の正礼装で、白無垢、色無垢、黒引き振袖、本振袖になります。

新婦の正礼装
和装の格

黒紋付き羽織袴

黒紋服、色紋服共に無地の羽二重で、白羽二重の付け比翼仕立てです。羽織、長着共に背中心、両胸、 両外袖の五カ所に染め抜きの日向紋が入ります。 小物は半襟から足袋、扇子、羽織紐、鼻緒まで全て白一色になります。

黒紋服

新郎の準礼装

新郎の準礼装は、三つ紋付き羽織袴の色紋服になります。

この場合、新婦の衣装は、準礼装の三つ紋色留袖です。格上になりますが「振袖」を着られても違和感はありません。

新婦の準礼装
和装の格

色紋付き羽織袴

新郎の準礼装、三つ紋付き羽織袴の袴は、正礼装と同じ縞の仙台平です。
羽二重の羽織、長着に背中心、両胸に紋が入り、小物は白色で統一となります。 礼装ですので、長着に白羽二重の付け比翼を付けられた方が良いでしょう。

色紋服

新郎の略礼装

新郎の略礼装は、三つ紋、または一つ紋付き羽織袴の色紋服になります。
この場合、新婦の衣装は略礼装の一つ紋色留袖ですが、 近年は格上の「振袖」をお召しになられてもブライダル衣装として考えるならば問題はありません。
ですが、新婦が「振袖」を着られる場合は、新郎は一つ紋、 または無紋でも仙台平の縞袴を付けられて「振袖」と合わされたほうが、バランス良く映ります。

新婦の略礼装
和装の格

色紋付き羽織袴

新郎の略礼装の袴は、仙台平以外の縞や、無地の袴です。略礼装の小物は色物ですが、 礼装ですので白色にされたほうが品もあり、格も上がりますので良いでしょう。

キャラ説明 小物に関して

男性の方に多いのですが、和装では基本的に腕時計は外しましょう。
腕時計は、洋装の小物です。それに新郎新婦が開宴中に人前で時間を見るなどは、御法度中の御法度です。 どうしても時計が必要な場合は、懐中タイプの物を使いましょう。しかし、当然、人前で見てはいけません。
言うまでもなく、携帯電話の持ち込みなど問題外です。ご自分の婚礼より大切な用事など、他に無いはずです。
ですがどうしても重要で緊急な場合は、ご両親以外のご家族や、友人に携帯電話を預けて代行してもらいます。 くれぐれも「マナーモード」をお忘れなく。

目次 和装の礼装
ドットライン

新郎の衣装 bridalgroom dress

ベース画像エンド
Copyright © 花嫁のれん HanayomeNoren.net 2012 All Rights Reserved.