ベース画像トップ

新婦の衣装 Wedding dress

打掛の裾をそっと持ち上げた、白無垢姿の花嫁
凛とした潔さと共に伝わる、美しい心
積み重ねて来た時間の美しさを感じる瞬間

挙式・披露宴での新婦の衣装

ご披露宴で「お母様が嫁がれた際に着られたお着物を、仕立て直してお召しになりました」と司会の方より伝えられると、 誰もが目がしらを熱くします。
代々と受け継いでいくことは、とても素敵な事であり、またそうして着られる事も、着物の良さの一つです。
お召し物を選ばれる際は、個性的な衣装にとらわれず、 婚家やご両親に対しての「感謝の心」を表したお着物を選ばれる事も大切です。

晴れの日のお召し物は、あなたの過去の表れであり、未来への思いです。
あなたにとって一番のお召し物はどんなものでしょうか。素敵なお召し物で、人生最良の日を過ごされる事を願います。

新婦の正礼装

新婦の衣装は、正礼装である白無垢、色打掛、黒引き振袖、振袖です。
挙式当日に、婚家へ「仏壇参り」などのご挨拶へ行かれる場合は、白無垢を着ます。 披露宴ではお好みの衣装を着られても良いと思いますが、「ご挨拶」があるのでしたら礼を大切にされると言う事ですので、 白無垢をお召しになった方が後々何かと良いでしょう。

白無垢

白無垢は地味という方がいらっしゃいますが、白は汚れを取り払う最上の色であり、一生において二度しか着る事のない、 「けじめ」を表す最高におめでたい色です。 今までの籍に決別し、旦那様がつくられる新しい籍に入るのですから、これ程婚礼に相応しい衣装はありません。
白一色で織り出された吉祥の模様が光を受けて、見る人を圧倒するとても華やかな衣装が、白無垢です。
以前は角隠しは巫女が使用したので神前用、綿帽子は仏前用とされましたが、現在では特に気にする事はなく、 お好みで選びます。

新郎の正礼装
新婦の正礼装 .2
和装の格
白無垢

色打ち掛け

色打ち掛けは、赤や紫などの地紋の入った生地に、金銀の箔や、 錦糸などを使って刺繍が施されたとても豪華で鮮やかな打ち掛けです。 以前は、白無垢より格が下がりましたが、現在は白無垢と同格とみなします。 衣装と相まって、髪には珊瑚や真珠などの鮮やかな櫛や簪を付け、より一層華やかに仕上げ、 見栄えのする豪華で美しい衣装です。
打ち掛けの素材は緞子、綸子、唐織りなど様々あり、色や柄も様々です。 それぞれ、体型などによって合う、合わないがありますので、ご自分が一番素敵に映るものを選びましょう。

新郎の正礼装
新婦の正礼装 .2
和装の格
色打掛
目次 和装の礼装
ドットライン

新婦の衣装.1 wedding dress

ベース画像エンド
Copyright © 花嫁のれん HanayomeNoren.net 2012 All Rights Reserved.