ベース画像トップ

水引の結び方 Tie with Mizuhiki

水引で贈る心を表す

和紙に掛けられた水引の姿には、潔く、凛とした美しさが伝わってきます。
結びは、贈る方の思いの表れです。 簡易包装ばかりの今日だからこそ、美しい水引に込められた思いが、改めて鮮やかに映ります。 人の手で結ばれた水引には、気品ある晴れの美しさが表れます。

水引の基本的な結びを挙げましたが、水引の基本は「真結び」です。 真結び一つで、どのような儀式にも正式に用いられます。大切な方への贈り物に、水引の心を添えてお渡し下さい。

真結び(まむすび)、結び切り

慶事弔事ともに用いる結びで、公式の儀式であっても用いる事の出来る正式な結びです。 解く事の出来ない結び切りになりますので、結婚や、凶事など二度あってはいけない場合に用います。

真結び

淡路結び(あわじむすび)、あわび結び、相生結び、葵結び

「結び切り」の変形で、結びを長寿の象徴であるアワビに見立てた装飾結びです。 儀式で用いる正式な結びですが、小笠原流では相生結びと呼ばれ、真、行、草に分かれますのでご注意下さい。

淡路結び

淡路返し結び(あわじかえしむすび)、あわび返し

「淡路結び」の変形で、慶事に多く用いられる装飾結びです。

淡路返し結び

双輪結び(もろわなむすび)、蝶結び

解く事を目的とする結びで、何度繰り返しても良い慶事の進物にのみ用います。 関西地方では、略式と取られますので、一般の慶事でも「結び切り」や「淡路結び」を用います。

双輪結び

片輪結び(かたわなむすび)、帯結び

解く事を目的とする、慶事弔事どちらにも用いる結びです。 円筒などに多く用いられます。 慶事では、輪を左に作り、弔事では逆になります。シンメトリーを良しとしない茶人などに好まれた結びです。

片輪結び

逆淡路結び(ぎゃくあわじむすび)、仏事結び

水引が天地を向く、凶事のみに用いる結びです。 図は方形ですが、輪でも構いません。 一般に黒白の水引を用いますが、京都では黄白を用いますのでご注意下さい。清浄を表す双白の水引を用いても構いません。

逆淡路結び
ドットライン

水引の結び方 tie with mizuhiki

ベース画像エンド
Copyright © 花嫁のれん HanayomeNoren.net 2012 All Rights Reserved.